前へ
次へ

賃貸管理に必要な入居者管理と建物管理

賃貸管理をするときには業務内容を大きく二つに分けて考えるのが定石です。入居者管理と建物管理の二つに分けることでどういう考え方で管理をすべきかを詳しく理解することができます。入居者管理はいわば顧客商売をする感覚で行うのが大切です。顧客である入居者が満足してくれるような物件やサービスを提供するのが基本になります。入居者の心を読んでどんな広告を出すべきか、契約のときにどんな条件を入れるべきか、クレームに対してどのように対応すべきかと考えるのが基本です。一方、建物管理は対象となるのが建物や設備なので顧客の心を推察するようなことは必要ありません。設備点検や清掃などを行い、定期的に大規模修繕をする計画を立てるといった機械的作業になるのが特徴です。ただ、大きな資金を必要とするものが多いことから計画性がないと行えないので注意しましょう。賃貸管理をするときにはこのような違いを理解していると適切な対応が可能です。

Page Top